Strict Standards: Redefining already defined constructor for class User_EncryptPassword in /virtual/kusumi/public_html/www.idogawa.org/modules/user/preload/Primary/EncryptPassword.class.php on line 20
井戸川電子町内会 - 伊東港で見る船シリーズ1
SEARCH
ホーム |  待合処 |  広報局 |  案内所 |  会議室 |  リンク集 |  写真館 |  お問い合せ
メインメニュー


アルバムトップ : 周辺アルバム :  伊東港で見る船シリーズ1

[<     34  35  36  37  38  39  40     >]

伊東港で見る船シリーズ1
伊東港で見る船シリーズ1高ヒット
投稿者izutaroizutaro さんの画像をもっと!   前回更新2008/2/22 9:28    
ヒット数1844  コメント数1    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 伊東港の沖合には、結構いろいろな船が入港しているのが見られます。海上自衛隊の艦船が多いですが・・・ これは補給艦「はまな」(13500トン)です。もしかして先頃まで、ペルシャ湾で外国艦船に給油活動をしていたのかも?・・・伊東へは乗組員の休養で来るようです。

[<     34  35  36  37  38  39  40     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
toshi
投稿日時: 2008/3/5 2:45  更新日時: 2008/3/5 2:45
管理人
登録日: 2008/1/22
居住地: 414-0024
投稿数: 201
オンライン
 Re: 伊東港で見る船シリーズ1
海上自衛隊の艦船に対する洋上補給を行うことを目的としている。とわだ型補給艦の整備により、さがみを含めて各護衛隊群に一隻ずつ割り当てが可能となった。
補給ステーションは片舷3ヶ所づつ、6ヶ所あり、うち4ヶ所は給油用である。給油速度は片舷あたり1分間に約11kl。後部に艦橋がある。艦尾は大型のヘリ甲板となっており、MH-53Eなどの大型ヘリコプターが発着できる。なお、ヘリコプター格納庫はない。武装は搭載されていないがファランクスの装備は、考慮されている。
なお、護衛艦の大型化や艦載ヘリコプターの増加、海外派遣への対応などから、後継艦として大型化したましゅう型補給艦も整備されている。

[編集] 同型艦
とわだ (AOE422) 1985年4月17日起工、1986年3月26日進水、1987年(昭和62年)3月24日就役。
ときわ (AOE423) 1988年5月12日起工、1989年3月23日進水、1990年(平成2年)3月12日就役。
はまな (AOE424) 1988年7月8日起工、1989年5月18日進水、1990年(平成2年)3月29日就役。


Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2008 iDogawa.org All rights reserved.